GEOWORKS

HOME»  原状回復工事

オフィス・店舗の原状回復工事

オフィス・店舗の原状回復工事をお考えの企業様へ

 

安心・納得の価格はもとより、居抜きや部分的に買取らせていただくケースもございます。 移転コストを最小限にするご提案が強みです。

 

退去する際には、入居した時の状態に戻す必要があります。部屋を貸す大家さん側と不動産側とで、「原状回復工事」について、考えが大きく違う場合がございます。
トラブルを事前に防ぎ、最善の方法で「原状回復工事」をご提案します。

 

原状回復とは

 

about

 

契約の終了により債務者に生じる義務の一つであります。
ふすまの破れ、壁紙の汚れや、剥がれ等結果として生じている現在の状態を、それをいたらしめた原因以前の状態に復帰させることであります。

 

 

当社で原状回復するメリット

 

低価格に自信あり

 

ビル側と打合せ

 

スピード対応

とにかく低価格には自信があります!通常、工務店に依頼し職人を手配しますが、当社は直接職人を手配する事が出来るため、大幅にコスト削減が出来ます!

 

お客様にとって一番時間を費やすものは、ビル側との交渉。その部分を、当社が全て請負います!

 

弊社には原状回復工事専門のスタッフが在籍しているため、迅速な対応が出来ます!急なご依頼にも可能な限り対応させていただきます!

 

原状回復でのお困りの声

 

原状回復でのお困りの声

 

原状回復工事に関しまして、ビルオーナーやビル管理会社の気分次第で好きなように算定される事が多々あります。不利な契約を賃貸契約者に結ばせ、原状回復工事を過大請求される原因となっております。私たちは、お客様の原状回復工事に最大限のサポートをさせて頂きます!
原状回復費用の削減に向けたコンサルティングも行っておりますので、お困りの方は是非お気軽にお問い合わせください!

 

原状回復工事の手順

 

原状回復工事の手順

 

 

手続き

退去することが決まったら、契約書を用意し不動産会社に退去通知をします。
通常、賃貸事務所の場合、 退去お申し出は3ヵ月~6ヶ月前に通告を行います。

 

確認

工事区分の仕様によって原状回復が大きく変わります。
入居しているテナントの「工事区分」を確認しましょう。

 

 
所有権 費用負担 設計者 施工者
A工事 ビルオーナー ビルオーナー ビルオーナー
指定の設計者
ビルオーナー
指定の設計者
B工事 基本的にビルオーナー テナントオーナー ビルオーナー
指定の設計者
ビルオーナー
指定の設計者
C工事 テナントオーナー テナントオーナー ビルオーナー
指定の設計者
ビルオーナー
指定の設計者

 

 

原状回復工事

ご要望に沿った原状回復工事を行います。

 

 
天井 内装 美装
タイル・カーペット張替 クロス張替 ジプトン張替 間仕切り撤去 空調・水周り
Pタイル張替 塗装 塗装 LGS撤去 ブラインド

 

店舗・オフィスの移転についてお気軽にお問い合わせください。tel:03-6803-0592